ブログ

すべての投稿

  • 日経新聞の取材を受けました。

    2022年1月16日(日)付けの日経新聞に「着床前検査(PGT-A)」に関する記事が掲載されました。 着床前検査で流産減らす 学会がルール、普及を後押し日本産科婦人科学会は体外受精で得られた受精卵の遺伝情報を調べる着床前検査のルー...

    続きを読む
  • PGT-Aの報道について

    12月11日(土)に着床前検査(PGT-A)に関するある報道がなされました。毎日新聞デジタル(https://mainichi.jp/articles/20211211/k00/00m/040/142000c)には「不妊治療の「着床前検査」...

    続きを読む
  • 流産胎児の染色体検査について

    妊娠の喜びから一転、流産の宣告は本当に辛いものです。なぜ?何が悪かったのだろう?原因は?と考えることでしょう。こんなとき、血液検査を行ってもその流産の原因が分かることはほとんどありませんが、胎児(絨毛)の染色体が調べられれば原因が分かること...

    続きを読む
  • 不育症とPGT-A(着床前検査)

    不育症の3大原因は抗リン脂質抗体症候群、子宮形態異常、夫婦染色体異常(転座などの構造異常)といわれます。また、女性の年齢が高くなると胎児の染色体異常が起きやすくなり、これを反復する不育症が増えてきます。最近では、3大原因にこの胎児染色体異常...

    続きを読む
  • コロナ後遺症に不育症?

    抗リン脂質抗体症候群と診断するには、臨床所見に加えて抗カルジオリピン抗体やループス・アンチコアグラントが持続陽性であることが必要です。その理由は、ある種のウィルス感染症や細菌感染症によって抗リン脂質抗体が一過性に陽性になることがあり、こうし...

    続きを読む
TOP